防災の日~知っておこう!災害時のお口ケア~

今日は9月1日、防災の日です。

皆さん、非常時の対策、避難袋などを今一度再確認してみてはいかがでしょうか?

そこで・・・

宇佐見歯科からは、災害時のお口のケアを発信していきたいと考えております。

被災してしまってからでは、心身ともにお口のケアまで頭が回らない事と思います。 非常時なので口腔ケアが後回しになってしまうのは当然の事です。

ですが、水不足の中、避難所生活が長引くと、災害時のお口のケア方法を知っているのと、知らないのでは大きく差がでてしまいます。

特に高齢者の方は、お口の中をきれいにするケア、入れ歯の清掃、それらのお手入れがおろそかになると誤嚥性肺炎などの呼吸器感染症を引き起こしやすくなってしまいます。 歯磨きなどお口の中をきれいにするケアが「命を守る」ことにも繋がります。歯ブラシや水がない時は、ハンカチやティッシュで歯を拭く、それだけでも汚れを落とす効果はあります。

災害はいつどこで起こるかわかりません!

今、出来る時にやれる時に少しでも災害時のお口のお手入れ方法を皆さまに知っていただきたく、当院ではお手入れ方法が細かく書かれたプリントを防災の日より配布しております。

災害が発生した直後の避難所では、歯ブラシ等のお口のケア用品が不足します。

備えあれば憂いなしです。

『避難袋に″歯ブラシ″も!』入れておきましょう。