歯周病の人は脳梗塞になりやすいの?

こんにちは。津島市青塚町にある宇佐見歯科医院です。

今日は【歯周病の人は脳梗塞になりやすいの?】ということで皆様に歯周病についてお話させていただきます。

日本人のかなりの人がかかっている歯周病(歯肉炎、歯周炎といいます)。この歯周病は全身の健康と深くかかわっていることをご存知でしょうか?

例えば脳梗塞。

脳梗塞は欧米型の食事や、運動不足により血管内にプラークというゴミがたまったり(動脈硬化)、そのゴミがはがれて血管を詰まらせてしまうことによりおきます。

歯周病の人では歯周病を起こすバイ菌が歯ぐきから血管に入り梗塞物質の原因となることがわかってきました。歯周病にかかっている人では脳梗塞になるリスクは健康な人と比べて2~3倍と高いというデータもでています。

このことからも毎食後のハミガキがいかに大切かがおわかりいただけると思います。歯ブラシや糸ようじ、歯間ブラシなどを使ってお口の中を清潔に保ちたいですね。

ただ、ハミガキだけで完全に汚れを取り除くのはなかなか難しいです。少なくとも半年に一度は歯科医院で歯のそうじをされてはいかがでしょうか?

一生、元気で生活したいものですね!