院長紹介

うさみ       ひろみち
宇佐見 弘道 Hiromichi Usami

はじめまして。宇佐見歯科医院の院長 宇佐見弘道です。

「患者様が気楽に通えるような、明るく暖かな雰囲気の歯科医院」というのが歯科医師をめざした私の初心です。
「全身の健康はきれいな歯と良い噛み合わせから!」をモットーに、来院した方に「ここに来てよかった」と思ってもらえるような治療を行なってまいります。

【院長略歴】

昭和60年 愛知学院大学歯学部卒業
その後、6年間勤務医として勤務
平成3年 歯科医院開業

歯科医師を目指した理由

私が高校生の頃、歯科医院はまだ比較的少ない時代で、いつも混み合って重たい雰囲気が流れていました。

進路を真剣に考えることになった際、「人のためになるような仕事をしてみたい」という気持ちが強くなりました。

そして、「自分だったら患者様が気楽に通えるような、明るく暖かな雰囲気の歯科医院をつくりたい」と思い、歯科医師の道を選択したのです。

津島市近くの地元出身で、大学も愛知学院大学です。卒業後は名古屋市と安城市内の歯科医院で修行を積み、6年後地元であるこの津島市で開業しました。

健康で長生きすることが大事

歯医者というと、「痛いところだけ治したら終わり」というイメージはないでしょうか?
当院では、お口の健康を通じて、身体ともに健康で長生きすることを目標としています。

そのためには、歯の状態がよくて、美味しく食事ができ、毎日元気に過ごせることが大事で、私は「病気にならないこと」「病気を予防すること」が最も大切なことだと思っています。

また、運悪く病気になってしまっても、一時的に症状を除くのではなく、体の芯から健康を回復することが必要だと思っており、これに向かっていろいろ努力しております。

健康のキーポイントは噛み合わせ

「歯があること」は身体全体のバランスにとって非常に重要です。
たとえ一本でも欠けてしまうと身体に負担がかかり、バランスが崩れ骨盤がゆがむこともあります。

そのため、当院では噛み合わせ治療をとても重視しており、入れ歯や詰め物の治療でもオーリングテストを用いるなど患者様にとってベストな状態に調整してお入れしています。

当院では「全身の健康はきれいな歯と良い噛み合わせから!」をモットーに、来院した方に「ここに来てよかった」と思ってもらえるような治療をこれからも続けてまいります。よろしくお願いします。